HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

熊本県、起業支援で2施設新設−北・南部地域を網羅

 【熊本】熊本県は21日、県内菊池市と八代市にインキュベーション施設を開設した。県北部と南部での創業や事業創出を促進していく。県北は菊池市七城総合支所内にあり、県南は八代高等職業訓練校内にある。熊本県のインキュベーション施設は夢挑戦プラザ21(熊本県益城町)を含めて3カ所となった。

 施設の名称は「夢挑戦プラザ県北」と「夢挑戦プラザ県南」。両所とも3区画あり、1区画の広さは15―20平方メートル。入居対象は設立5年以内の中小企業または創業予定者。利用期間は1年間で3年まで延長できる。賃料は無料。開所式で熊本県の中川芳昭商工観光労働部長は「夢の実現に挑戦してほしい」とあいさつした。

 入居者と事業内容は以下の通り。

 〈夢挑戦プラザ県北〉▽やまがふーず=地域農産加工品の製造販売▽梶原健次郎=バイオマスを活用した農業資材の製造販売▽DoDoedit=自費出版本などの出版 〈夢挑戦プラザ県南〉▽J―bot=無線遠隔制御・遠隔監視装置の開発▽コーエイ・ウエダ・ファーム=農業生産と農産加工品の製造販売▽オズコーポレーション=地元産品を活用した飲食業の振興と地域おこし


【2009年5月22日 日刊工業新聞社】