HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/日本ナショナルトラスト・大塚陸毅会長「心も満たす」

 「近年、観光の意味合いが変わってきている」と語るのは、日本ナショナルトラスト会長の大塚陸毅さん(JR東日本会長)。設立40年を迎えて、文化財や自然の保護活動に取り組んできた歴史を振り返る。

 産業遺産、農林水産業の体験ツアーなど地域発の観光資源の発掘が注目を浴びている。自ら建造物を取得する本格的な保全には「日ごろの地道な取り組みが評価されるいい機会だ」と自信を見せる。

 これからの観光は単なる名所旧跡見学にとどまらず「感動し、喜びを得ることだ」と形の保護だけでなく、心を満たすことも重視している。


【2009年5月14日 日刊工業新聞社】