HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

日商・全国連、ニューヨークで日本製品を紹介−中小の海外進出に糸口

 日本商工会議所と全国商工会連合会は18日から30日までの13日間、米国・ニューヨークの「フェリシモデザインハウス」をメーン会場に「JAPAN海外テストマーケティング(NY)」事業を展開する。同事業に取り組む23プロジェクトの製品を一堂に集め、北米地域などのバイヤーに紹介、中小企業の海外市場進出の突破口を開く。

 プロジェクトの製品を展示・即売しマーケティング活動を行うのは、13商工会議所、8商工会のプロジェクト。小樽商工会議所のガラス製品、弘前商工会議所の漆器・刃物、鹿児島県商工会連合会の薩摩切子・大島紬などがある。漆器、繊維製品が比較的多い。

 会場はフェリシモ(神戸市)が運営するフェリシモデザインハウスを核に、幅広く日本製品を紹介しているジャパン・ソサエティ、キタノホテル、プロ向けのキッチン用品などを展示・販売し日本の食文化を発信しているジャパニーズ・カリナリー・センターを使用する。


【2009年5月11日 日刊工業新聞社】