HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

名商、新組織で情報交換−内需拡大で地域元気に

 「外需回復はいつになるかわからない。国内の個人消費を喚起して地域に元気を取り戻したい」(岡田邦彦名古屋商工会議所会頭)。名古屋商工会議所は愛知県、名古屋市とともに「愛知・名古屋『内需拡大』推進会議」を設立し、第1回会議を開いた。構成メンバーは行政のほか商業、観光、住宅関係など、名古屋地区の47の各種団体。

 同推進会議は個人消費の喚起に向けて情報交換を行うほか、各メンバーの活動内容を明らかにして情報発信する。団体間の連携も促す。第1回会議では活動内容や9月までとする活動期間を確認。さらに、先進事例として豊田商工会議所が3月から始めた「とよた元気プロジェクト」を紹介した。同商工会議所の河木照雄副会頭は「街中でお金が回る仕組みづくりが大切だ」と強調した。(名古屋)


【2009年4月20日 日刊工業新聞社】