HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

栃木・鹿沼市と会議所、産業振興へ展示会出展を後押し

 【宇都宮】栃木県鹿沼市と鹿沼商工会議所は会議所会員企業が開発した製品や技術の全国展開を後押しする。首都園で開かれる展示会への出展を支援し、販路の拡大などにつなげる。費用補助のほか、効果的な展示方法やアフターフォローの進め方などを指導する。09年度は4展示会に出展し、基幹産業の木材・木工業、機械金属業を活性化する。

 鹿沼市と同会議所は出展支援するため、かぬま産業・展示会出展推進事業委員会を設置。今年度に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる「インテリアライフスタイル」(6月3―5日)、「FOOMA JAPAN(国際食品工業展)」(6月9―12日)、「ふるさと家具・建材見本市」(11月11―13日)、「中小企業総合展」(11月下旬)への出展を決めた。それぞれ5―10社の出展を支援し、計10件以上の受発注契約を目指す。

 同会議所は高級木工製品の地域ブランド「ニューカヌマ」を展開している。このほか、機械金属では鹿沼ものづくり技術研究会でガラスなどの硬脆材料の微細切削加工技術を実用化している。しかし、中小企業では販路開拓が難しいという問題もあり、展示会を通じて活動に弾みをつける。


【2009年4月15日 日刊工業新聞社】