HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/東武鉄道・根津嘉澄社長「街の魅力発信」

 「ドラマのように街に笑顔ときずなを運ぶ役割を果たせれば」と話すのは、東武鉄道社長の根津嘉澄さん。このほどNHKの連続テレビ小説放映を記念した特別塗装列車の運行を始めた。

 ドラマは東上線が走る川越市がロケ地で埼玉県は47都道府県で最後の舞台。これを機に「蔵の街、川越の魅力を発信したい」と池袋駅から最短30分で行ける手軽さを売り込む。

 同社は日光・鬼怒川方面への観光路線が有名だが、東上線は「観光地、東京へのベッドタウンといったさまざまな顔を持つ」とドラマの舞台を追い風に、こちらも負けずにアピール。


【2009年4月14日 日刊工業新聞社】