HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

熊本県酒造組合連、「楽しむ会」を開く−熊本の酒堪能

 熊本県酒造組合連合会(熊本市、吉村浩平会長、096-354-4888)は、第54回「熊本県産酒を楽しむ会」を開いた。県内の卸業者や酒販店など関係者314人が参加した。同会は銘柄や原料を当てる利き酒と懇親会の2部構成。本来は吐き出す利き酒だが、中には「飲み過ぎた」という人もいるなど、存分に清酒や焼酎に酔いしれた。

 同連合会は、熊本酒造組合(熊本市)の清酒メーカー11社と焼酎メーカー2社、球磨焼酎酒造組合(熊本県人吉市)の焼酎メーカー28社で構成している。楽しむ会は、県産酒のPRを目的に毎年開いている。

 吉村会長は「お酒はその土地の気候風土や食べ物と合うものが出来る。今年もそれぞれの蔵でおいしいお酒が生まれている」と、出来栄えに目を細めていた。(熊本)


【2009年4月10日 日刊工業新聞社】