HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

宮崎県商工会議所連合会、神話の里PRへブロンズ像を設置

 宮崎県商工会議所連合会(宮崎市、中島勝美会頭、0985-22-2161)は、県内各地で神話像モニュメントを設置する事業を進めている。国生み神話のイザナギノミコトなど、地元ゆかりの神話を観光資源として活用する目的で、08年8月から設置を進めてきた。月末までには県内6市町村で13体の神話像が完成する。

 宮崎県が策定した「ひむか歴史ロマン街道形成構想」に合わせて計画を進めてきた。「ひむか神話街道・県北ルート」と名付けられた西都市から高千穂町までの沿線(約130キロメートル)にブロンズ像を設置する。雲海酒造(同市)や清本鐵工(延岡市)など地元企業14社も協賛した。

 宮崎を神話の里として売り出す考えは、東国原英夫県知事も提唱している。宮崎を全国区に押し上げた知事に続け―と、関係者は13体の神様たちに熱い期待を寄せている。(宮崎)


【2009年3月18日 日刊工業新聞社】