HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

キリンとアサヒ、横浜開港150周年記念ラベルで限定発売

 横浜開港150周年をビールで乾杯―。ビール大手2社は横浜開港150周年を応援するため、記念ラベルを冠した限定商品を神奈川県内で、4月から5月にかけて相次いで発売する。市民や横浜を訪れる観光客に150周年をPRし、祝賀ムードを高める狙いだ。

 キリンビール横浜支社は、キリンラガービールに「横浜開港150周年記念ラベル(中びん)」をラインアップする。市内の飲食店を中心に5月28日から販売を始め、販売予定数は30万本とした。キリンビールは横浜発祥の企業。横浜の節目の年を限定商品で盛り上げていく。

 一方、アサヒビールは「アサヒスーパードライ横浜開港150周年ラベル(中びん)」を投入する。販売期間を4月8日から8月末までとし、神奈川工場(神奈川県南足柄市)から90万本を出荷予定。地域貢献に向けた営業活動の一環として実施する。(横浜)


【2009年3月12日 日刊工業新聞社】