HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

新潟・燕市の共同受注組織、タンブラーがアサヒ販促用に

 新潟県燕市の研磨業者を中心に構成される共同受注組織、磨き屋シンジケート(燕商工会議所内、0256‐63‐4119)が磨くタンブラーがアサヒビールのキャンペーン賞品に採用された。

 現在実施中の「アサヒスーパードライ」の販促キャンペーン賞品の一つ。ビールを注ぐと、きめ細かい泡が立つのが特徴。外側は鏡面磨きし、光沢のある仕上がりにした。ステンレス製で、容量約370ミリリットル。同シンジケートのロゴマークも入っている。

 このキャンペーンで1万個以上納品する予定。同シンジケートは「ステンレス製品のよさや、燕を広く知ってもらういい機会」と期待を寄せている。(新潟)


【2009年3月7日 日刊工業新聞社】