HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

木村化工機、工場外壁に「尼崎」アピール−来訪歓迎の大看板設置

 「ようこそ 尼崎市へ」―。化学機械や原子力機器メーカーの木村化工機は本社所在地の兵庫県尼崎市杭瀬寺島と大阪市の県境を走る国道2号線沿いの尼崎工場製缶第1工場の外壁面に「尼崎市に少しでもお役に立てば」(小林康眞社長)と、地域貢献として尼崎市来訪歓迎の大看板を取り付けた。

 大看板は大阪市側から国道2号線で左門殿川に架かる左門橋を走ると右側に白地に青色の歓迎の言葉が目に飛び込む。一文字の大きさ1・2メートル角、看板幅11・27メートルの大きさ。現地視察した尼崎市の白井文市長は「尼崎の企業の元気さと尼崎市のアピールになり、大変うれしい」と同社の心意気に笑顔で感謝する。

 同社は大阪市で創業、現地には1939年に進出し今年で創業84年。尼崎産業界の老舗企業で小林社長は07年6月に社長に就任、08年8月から尼崎経営者協会副会長。「昨年、白井文市長との懇談で、尼崎に良い話と了解した」(小林社長)と、外壁改修に合わせ設置した。(神戸)


【2009年3月6日 日刊工業新聞社】