HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都産業21、工芸品の修理グループ発足

 【京都】京都産業の総合的支援機関、京都産業21(京都市下京区、石田明理事長、075-315-9234)は24日、京都府内の工房をメンバーとする工芸品修理に特化したグループ「京都職人修理ネット」を発足したと発表した。京人形、京友禅、西陣織、仏具、京漆器など計24業種の33工房が集まり、多様な工芸品の修理依頼に対応する。グループ代表は大入(京都市中京区)の大入達男社長が務める。

 各工房の特徴を生かし、あらゆる修理ニーズへの対応を目指す。相談窓口は、ビジネスマッチングでノウハウを持つ京都試作センター(京都市下京区、050-5805-3600)が担当。修理依頼者から傷の状況や、どの程度まで修理してほしいかなどヒアリングを行い、要望に合った工房を紹介する。修理相談、修理費の見積もりは無料で行える。


【2009年2月25日 日刊工業新聞社】