HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

アットマーク・ラーニング、福岡に通信制高校を開校−農業体験・ITで授業

アットマーク・ラーニング(東京都品川区、日野公三社長、03‐5423‐2812)は、グリーンツーリズム(都市と農村の交流)とITをテーマとした広域通信制高校「川崎特区アットマーク明蓬館高等学校」を4月1日に開校する。福岡県川崎町の廃校となった小学校を本校として活用し、地域住民と協力し農業体験やボランティアを行う。生徒定員は300人。

ウェブ会議システムを利用しネットで個別授業を行う。季節ごとのスクーリング(面接指導)では生徒を川崎町に集め、農園での田植えや、果樹園レストランでの就業体験などの体験型授業を行う。学校として農園を開く計画もある。

校長には兵庫教育大学の成田滋名誉教授が就任する。

同社にとって2校目の通信制高校。04年に石川県白山市に設立した高校の卒業生は450人で、95%と高い卒業率を誇る。

現在、日本には185の通信制高校があり、そのうち株式会社が設置運営するものは19校。


【2009年2月2日 日刊工業新聞社】