HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都府など、10〜12月に産業・文化で博覧会−企業の技術アピール

【京都】京都府、京都市、京都商工会議所は28日、10―12月の間の数週間にわたって「京都 知恵と力の博覧会〜発信!京都の底ぢから〜」(仮称)を開催すると発表した。京都企業の技術・製品や京都文化・芸術・食についての公開スポットを京都市内を中心に約500カ所設け、観光客へ京都企業の技術力などをアピールする。また、京都議定書の発効5周年を記念し、2010年2月に新しい顕彰制度「KYOTO地球環境の殿堂」(仮称)を設けることも明らかにした。

博覧会実施に向け、府と市、商工会議所や観光関係団体などから成る実行委員会を4月めどに設立する。内容は京都企業の工場や神社仏閣・庭園の公開、京料理セミナーなどを想定。国内外の観光客・バイヤー・学生など幅広い層の来訪を見込む。「KYOTO地球環境の殿堂」には環境問題に貢献している人を選考し、京都の工芸品で肖像レリーフを作製し展示する。殿堂の設置場所は国立京都国際会館(京都市左京区)を想定している。


【2009年1月29日 日刊工業新聞社】