HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近畿経産局、着物業界振興で調査活動開始

近畿経済産業局は縮小傾向にある着物業界の振興策を検討するため、調査活動を開始した。生産地が集積する京都府や、最大消費地である東京都の小売業界などを対象に約25社からヒアリングし、問題点を聞き出す。3月末をめどに調査結果をまとめ、09年度の政策に生かす。

和装分野の着物に焦点を当て、織物やデザイン、染め物、反物、加工、問屋、小売業界などの各分野について聞き取り調査する。それぞれの分野でどんな問題があるのかを聞き出し、活性化の方策を探る。

民間シンクタンクの調査によると、着物業界の07年度売上高は約4000億円。ピークだった80年代には1兆円を超えていたが、年々縮小傾向にあり歯止めがかかっていない。


【2009年1月28日 日刊工業新聞社】