HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ちばコープ、全農千葉などと県内産地協議会を発足

 【千葉】生活協同組合ちばコープ(千葉市若葉区、田井修司理事長、043-233-8602)は、全国農業協同組合連合会(全農)千葉県本部や県内の企業、農事組合法人など10団体と共同で「ちばコープ県内産地協議会」を14日に発足させる。消費者団体である生活協同組合と生産者団体が協力して、食品の安定供給などを推進するための体制を整える。上部機関である生活協同組合連合会コープネット事業連合が管轄する1都7県では初の試みとなる。

 同協議会は08年8月の、ちばコープ、全農千葉県本部、コープネット事業連合の3団体による協同組合間提携を受けて設立する。今後、年3回以上の定期協議会を実施し、千葉県産品の振興や自給力の向上、食の安心・安全、地産地消などを進めるための具体的な施策について話し合う。

 また、コープネット事業連合と生産者団体とで組織する「コープネットエリア協議会」とも協力。ちばコープ県内産地協議会のメンバーに対して、コープネット事業連合が行う施策について情報提供するほか、コープネットエリア協議会への施策提言などを行っていく。


【2009年1月13日 日刊工業新聞社】