HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

推進協、中部の広域観光に50コース決定−歴史・産業など6テーマ

 「産業観光」や「世界遺産」など50コースから選んで―。中部広域観光推進協議会は中部9県を対象とした広域観光モデルコースを決めた。国内観光客向け25コース、外国人向け25コースの計50コース。大手旅行代理店などから意見を聞き取り、商品化を前提に設定した。国内外の旅行会社などに向け、モデルコースをPRする。

 分かりやすくするため各コースを「ものづくり(産業観光)」や「歴史・文化・世界遺産」など6テーマに分類。すべて2―5泊のコースとし経済効果の大きい滞在型の旅行客拡大を図る。また関西地域からの旅行客取り込みを狙いに、関西広域機構とも意見を交わして関西国際空港発着のコースも設けた。

 同協議会は今後5年間の観光事業の指針となる中長期計画「中部の観光ビジョン」を策定しており、モデルコース策定はその一環。(名古屋)


【2009年1月12日 日刊工業新聞社】