HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

群馬県・少林山達磨寺、「だるま市」開催−「高崎だるま」で不況克服を

 少林山達磨寺(群馬県高崎市)で新春恒例の七草大祭だるま市、通称「高崎だるま市」が開かれた。露店にはさまざまな大きさや色の「高崎だるま」が並び、境内や参道に色を添えた。各露店の販売担当者は「だるまで不況を吹き飛ばしてほしい」と見に訪れた人々に威勢よく声をかけていた。

 境内に設置した露店では、売れ筋の30センチメートル程度の中型だるまに加え、高さ10センチメートル以下の小型だるまも人気で品切れになったという。この厳しい不況を乗り切るためか、大型のだるまを持って帰る人も目立っていた。高崎だるまは06年に地域ブランドとして認定を受けた。(前橋)


【2009年1月9日 日刊工業新聞社】