HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

新潟麦酒、新潟大などとビール開発

 【新潟】新潟麦酒(新潟市西蒲区、宇佐美健社長、0256-70-2200)は、新潟大学などと共同で作った産学官連携ビール「越の知恵しぼり」を発売した。内容量350ミリリットルで価格は400円。新潟大などが遊休農地の拡大防止や地域農業活性化のためのプロジェクトチームを設置。地元農家が遊休農地でビールの原料となる大麦を栽培し、それを使って新潟麦酒が製品化した。昨年も販売したが、今年は名称とラベルのデザインを一般から公募した。


【2008年12月30日 日刊工業新聞社】