HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

長野県とサンクス、地産地消・観光振興で包括協定

 【長野】長野県は8日、サークルKサンクスと地産地消や観光振興など12項目で連携と協力に関する包括協定を締結した。同県が大手コンビニエンスストアと包括協定を結ぶのはローソン、セブン―イレブンに次いで3社目。第1弾として9―22日に「信州MOTプロジェクト 信州の味をもっと」フェアを開催する。県産大豆による豆腐やきのこを使った弁当などを販売する。

 協定調印式に出席した村井仁長野県知事は「農産品をはじめ県産品の消費拡大に期待したい」と語った。また、中村元彦サークルKサンクス社長は県産品を使った商品について「良いものがあれば全国に広げたい」と意欲を示した。


【2008年12月9日 日刊工業新聞社】