HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東京電機大、りそなと産学連携で協力−地域産業の活性化促進

【さいたま】東京電機大学とりそなグループは産学連携で協力する。同大とりそな銀行、埼玉りそな銀行が4日に基本協定書を締結する。同大の知的財産や2行の持つ企業とのネットワークを相互に生かして、地域の産業活性化を目指す。企業の人材確保や地域交流にも弾みがつきそうだ。

2行が技術的な課題を抱えるそれぞれの取引先企業を同大に紹介。大学の研究成果や設備を活用しながら、共同研究や受託研究につなげる。2行はグループ間の連携による企業同士のビジネスマッチングの機会を提供する方針。また企業の人材不足に対応するため、学生と地元企業との橋渡し役を担う。

埼玉りそな銀行は埼玉県内の7大学と提携している。構築した産学のネットワークに同大も加え、一企業と複数の大学との産学連携の促進を狙う。「大学同士の『学学連携』にもつながる」(埼玉りそな銀行法人部新事業支援室)とみている。

これまで同大は地域との連携も積極的に展開してきた。キャンパスのある東京都千代田区と埼玉県鳩山町、千葉県印西市と交流事業も実施している。


【2008年12月3日 日刊工業新聞社】