HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

群馬・太田会議所、自動車産業の競争力向上へ無料で工場改善指導

 【前橋】太田商工会議所は従業員30人以下の中小製造業の会員を対象に、11月から工場現場の改善指導に乗り出す。料金は無料という破格の設定で、1社3カ月の指導を受けられる。主力の自動車産業の競争力を向上させるとともに、会員サービス強化により、商工会議所の存在感を示す狙いもある。月20社前後の利用を見込む。

 新サービスの名称は「ブレークスルーオータ」。製造現場に詳しい富士重工業出身のコンサルタントが中心になって指導する。工場を訪問し、工程改善や在庫削減、品質改善、「5S」などの課題に取り組む。09年4月以降、観光業、商業の改善指導も始める。

 富士重工業が生産拠点を置く太田市内は、自動車部品などを製造する企業が多い。トヨタ自動車の富士重への出資比率引き上げや、富士重の軽自動車生産撤退表明など、中小製造業を取り巻く環境が激変している。

 太田商工会議所の会員数は約3100。今回の経営指導では約800社程度が申し込みの対象になる。中小企業に役立つ会議所を実感してもらい、会議所の活性化につなげる狙いもある。


【2008年10月28日 日刊工業新聞社】