HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

南信州ショップ運営協、名古屋に農産物のPR・直販する店舗オープン

 【名古屋】南信州マーケティングショップ運営協議会(長野県飯田市、牧野光朗会長、0265‐21‐3217)は、飯田市と下伊那郡の15市町村の農産物を名古屋圏でPR、直販するアンテナショップ「南信州ファームプロダクツマーケット」(名古屋市内千種区覚王山通9の18、052‐938‐8318)を10月4日にオープンする。これに先立ち同月1日15時からショップでオープニング式典を行う。

 同ショップは南信州エリアに近い大都市の名古屋圏で地域の農産物をアピールするとともに、収集した市場情報を産地にフィードバックして生活者の視点に立ったマーケティング体制を築く。約54平方メートルの店舗では厳選した野菜や米、果物を直販し、料理教室や試食提供などを行う。開店時間は10―19時で、定休日は毎週水曜日。また09年春には農産物販売と連動した「食育産地ツアー」を開催する方針だ。


【2008年9月29日 日刊工業新聞社】