HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/日本航空・西松遙社長「観光に力入れて」

 日本を訪れる外国人観光客の誘客には「双方向の相互交流であることが大切だ」と語るのは日本航空社長の西松遙さん。訪日外国人が増加傾向にあるが日本人の海外渡航数増加も重要な要素だと説く。

 ただ、街に英語の案内板は増えている一方で韓国、台湾などアジア客の急増への対応も課題。これには「観光ガイドの多言語化などが必要」と受け入れ態勢の整備が求められている。

 それだけに10月に発足する観光庁へは「官公庁のスリム化の声もあるが、観光に国を挙げて力を入れるのはよろこばしいこと」と歓迎。当然、旅客需要増加への期待を込める。


【2008年9月17日 日刊工業新聞社】