HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近鉄、三重・伊勢志摩の活性化キャンペーン−来月10日にホテル開業

 近畿日本鉄道は観光・レジャー事業と鉄道営業の相乗効果を目指して、三重県伊勢志摩地域の活性化事業を推進する。10月10日に志摩市内に新ホテル「志摩観光ホテル ベイスイート」を開業するのに加え、三重県などと共同の伊勢志摩キャンペーン実行委員会を通じて、09年3月まで「美(うま)し国、まいろう。伊勢・鳥羽・志摩」キャンペーンを実施する。

 「志摩観光ホテル ベイスイート」は地下1階地上5階建て、客室数51で、既存の「志摩観光ホテル」の敷地内に立地する。標準客室の面積は100平方メートル、全室スイートルームで平均客単価は約5万円と、既存の志摩観光ホテルの同3万5000円より高めに設定した。全客室から英虞湾を眺めることができ、現代的な内装で若い世代など新しい客層を呼び込む。投資額は約48億円。

 「美し国、まいろう」キャンペーンは、伊勢神宮で2013年に行われる「第62回神宮式年遷宮」に向けた諸祭典に合わせた。三重県のほか伊勢市や志摩市の観光協会、伊勢志摩観光コンベンション機構などと共同で宣伝活動に取り組む。


【2008年9月15日 日刊工業新聞社】