HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪会議所、来月から「川の駅」の社会実験−12カ所設置

 大阪商工会議所は10月4日から、大阪都心部における「川の駅」の社会実験を始める。市内を流れる川の船着き場や水辺の集客施設に休憩、案内、交流などの機能を備えた「川の駅」を計12カ所設置、観光インフラネットワークとして活用できる道などを探る。川の駅の都心部での集中設置は、大阪が全国初の試みという。

 大阪市は江戸時代のころから水運で栄え、現在も市内に多くの川が流れる"水の都"。川の駅は市内の土佐堀川の淀屋橋港や大阪証券取引所ビル、大川のOAP港、堂島川の大阪国際会議場などに設置する。

 共通デザインの看板を立てるとともに案内人を常駐させ、トイレなどが自由に利用できるようにし、10月19日までの期間で利用状況や改善点を検証する。


【2008年9月8日 日刊工業新聞社】