HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪府、オムロンなどと森づくり推進

 大阪府は2日、オムロンや大阪府交野(かたの)市などと森づくりを推進する「アドプトフォレスト制度」締結の調印を3日に行うと発表した。長年放置され、荒れた交野の森林にサクラやツツジなどの広葉樹を植林することで、かつての桜の名所"交野"の復活を目指す。

 同制度は府が事業者などと森林所有者の仲人になって森づくりへの参画を進めるもので、適用は交野市が9件目。交野は枕草子や太平記にも登場し、京都・嵐山の紅葉と比較されるほどの桜の名所だったが、第2次大戦後には桜が激減した。オムロンなどとのプロジェクトでは荒れた森林への植林作業のほか、オムロン社員家族や子供たちに木登りなど自然とのふれあいを盛り込んだ「冒険の森プログラム」も実施する。


【2008年9月3日 日刊工業新聞社】