HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

フジドリームエアラインズ、静岡と小松・熊本・鹿児島空港間に就航

 【静岡】フジドリームエアラインズ(静岡県葵区、鈴木与平社長、054-354-3168)は、09年3月に開港する静岡空港を拠点に同年夏に参入する航空事業で、就航先を石川県の小松、熊本、鹿児島の3空港に決定した。静岡県内の産業や、企業との結びつきが強い地域を選定、主にビジネス需要を開拓し、09年度に利用者11万人、売り上げ27億円を目指す。

 小松は一日2往復、熊本と鹿児島はそれぞれ1往復を運航する。開業時は76人乗りのブラジル・エンブラエル製航空機2機で運営。2010年度から毎年1機ずつ増やし路線も拡大する計画。単年度黒字化を目指す2012年度に5機体制で約60万人の利用者を想定する。

 同社が参入するのは地方都市間を小型ジェット機で結ぶリージョナル航空事業。


【2008年7月28日 日刊工業新聞社】