HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

茨城県、商店街活性化コンペで公開審査−最優秀プランなど選出

 【水戸】茨城県は8日、08年度がんばる商店街支援事業の「商店街活性化コンペ事業」の公開審査を水戸市の茨城県市町村会館で行った。37団体が応募、書類審査を通過した12団体の中から、常総市商工会青年部の「みつかいどう笑顔マッピングプロジェクト」が最優秀プランに選ばれた。また、7団体が優秀プランに選ばれた。

 「みつかいどう笑顔マッピングプロジェクト」は「笑顔」を地域活性化の資源ととらえ、商店街の店主の笑顔の写真を張り付けた地図を作製。その地図をもとに各店舗を回るスタンプラリーを行い、一定のスタンプを集めた利用者に商品がもらえる仕組み。商店街活性化コンペ事業は商店会や商工会、NPO法人などによる商店街活性化を支援するために07年度に始めた。最優秀プランには130万円、優秀プランの7団体には90万円が交付された。


【2008年7月9日 日刊工業新聞社】