HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

セイデンテクノ、7色LED発光の伝統工芸香炉を発売

 【新潟】セイデンテクノ(新潟県佐渡市、柴原行雄社長、0259‐55‐2034)は、お茶やお香などを皿のヒーターで煎(い)りつつ、自然の香りと7色の光が楽しめる無名異焼き「電子茶香炉」を発売した。無名異焼きは、重要無形文化財に指定された佐渡島伝統工芸で、注文を受けて納品まで約1カ月かかる。

 香材のお茶はほとんど種類の茶葉、コーヒー豆やお香をマイコン制御ヒーターで焦がさずに楽しめる。このほかエッセンシャルオイルやハーブなどのアロマポットとしても使える。火は使わないため安全性が高く、転倒時の自動オフ機能をつけた。

 無名異焼きの開いた模様からは、LED(発光ダイオード)が7色で発光する。価格はサイズによって異なるが、1万9800円から2万9800円。


【2008年6月3日 日刊工業新聞社】