HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

山形県、東京・銀座の新店舗運営者選定コンペ実施

 【山形】山形県は27日、東京・銀座を拠点に県の物産品などを販売する新たな山形県アンテナショップの運営事業者の募集を始めた。6月5日に東京で説明会を開き、6月23日まで事業計画の受け付けを行う。

 県は東京・虎ノ門にあるアンテナショップを銀座一丁目に移し、11―12月の新規オープンを予定。新アンテナショップには、県産品の宣伝・販売などを行う店舗(物販部門)、飲食部門、観光情報発信部門の三つの機能を整備する。県はこのうち物販部門と飲食部門の運営事業者をそれぞれ募る(両部門への提案も可能)。寄せられた事業計画を審査し、県が最優秀者を選んで契約を結ぶ考え。

 問い合わせは県商工労働観光部産業政策課(023-630-2360)へ。


【2008年5月28日 日刊工業新聞社】