HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近畿経産局、アジアとの連携促進などデザイン業界活性化策を発表

 近畿経済産業局は22日、近畿地域におけるデザインビジネス活性化策を発表した。アジアとのネットワークづくりやビジネスマッチング会開催、マネジメント講座の創設などでデザインビジネスを活発化させる。近畿地域は東京に次ぐデザイン潜在能力を持つ半面、技術や機能だけを重視するあまりデザインを軽視する風土があることから、「デザイン先進地域近畿」を目指し、活性化を支援する。

 具体的には、11月にアジアのデザイン振興機関・政府などとのネットワークづくりを目指す「アジアデザインネットワーク会議2008」(大阪市北区)へ参加するほか、若手デザイナーを対象にした知的財産知識と実践マネジメント講座を開く。関係機関や団体と連携し、新たな取り組みも展開する。

 家電業界など多くの製造業が、製品サイクルの短期化でデザインによる付加価値を生み出す必要に迫られている。

 デザイナーの能力向上に加え、製品開発など経営戦略でもデザインを重視することで、デザインビジネスの活性化とともに製造業の底上げにもつなげる。


【2008年5月23日 日刊工業新聞社】