HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/栃木県経済同友会筆頭代表幹事・板橋敏雄氏「来てみて」

 「栃木県は県民所得、農業出荷額、製品出荷額とも全国上位なのに知名度は最下位あたりをウロウロ」と嘆くのは栃木県経済同友会筆頭代表幹事の板橋敏雄さん。

 「やはり県民がこの豊かさに浸りきっているため」と分析する。これを打開しようと同友会がキャッチフレーズを募集。最優秀賞に“来てみたら住みたくなった栃木県”が輝いた。

 「これを機に県外に良さをどんどんアピールしたい。県内でも愛着やこだわりの輪が広がれば活力が生まれ、知名度アップにつながる」と意欲満々。“住むことにしました”という人が続出するかも。(宇都宮)


【2008年5月21日 日刊工業新聞社】