HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

九州経産局、10年後の産業規模試算−車関連で7兆6000億円

 【福岡】九州経済産業局は「九州新経済活性化プラン」を策定した。九州地域の人口や産業などを分析すると同時に、10年後の自動車や半導体などの産業規模を試算。この試算に基づき、地場企業の技術力向上やアジアの成長の取り込みなど九州経済の目指すべき方向を示した。

 プラン策定には「九州新経済活性化プラン策定委員会」を設置し、企業関係者らの意見も反映させた。九州地域の産業規模試算では、自動車が最大7兆6000億円(05年度比2・8倍)、半導体が最大6兆7000億円(同3・2倍)などに拡大するとした。また、課題として自動車で研究開発拠点の形成や域内調達率向上のため地場企業の自動車産業への参入などを掲げた。

 同局では九州地方整備局が08年度に取りまとめる「九州圏広域地方計画」にも反映させたい考え。


【2008年5月3日 日刊工業新聞社】