HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/大阪タオル工業組合・樫井学常務理事「国益のために」

 「泉州タオルは後晒(さら)し製法を用いることで吸水性に優れている」とPRするのは大阪タオル工業組合(大阪府泉佐野市)常務理事の樫井学さん。大阪泉州地域の特産品である泉州タオルの普及に努めている。

 日本のタオル産業は低価格で攻めてくる中国企業に押されている。事業者の高齢化もあり「最盛時に700社以上あったタオル会社が今は100社程度」と危機感を示す。

 「日本からタオル産業がなくなれば中国企業も価格を上げてくるだろう」と予見。「日本のタオル会社が、利益だけでなく日本の国益のために踏ん張っていることを伝えたい」と熱く語る。


【2008年4月17日 日刊工業新聞社】