HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神奈川・相模原市に新観光土産−市が開発を支援

 神奈川県相模原市の新しい観光土産として、菓子「さがみはらサブレー」と人形「小原宿 大名行列 奴さん」の2品がお目見えした。同市が観光事業強化に向け「相模原市観光土産品開発支援事業」として認定したもので、市内スーパーや観光施設などで販売される。

 さがみはらサブレーは、同市の花・あじさいをモチーフにオギノパン(相模原市、荻野時夫社長、042‐684‐2811)が製造したもの。価格は12枚入り945円、24枚入り1785円。もう一方の「小原宿 大名行列 奴さん」は、同地域に伝わる小原宿の大名行列の衣装を「キユーピー」人形に着せた。田倉製紐工場(相模原市、田倉歳宝社長、042‐784‐1274)が製造。価格は1個420円。

 相模原市では、2品目に対し、開発にかかわる経費の50%以内(上限50万円)の範囲で補助金を交付する。(厚木)


【2008年4月9日 日刊工業新聞社】