HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神戸運輸監理部と神戸夙川学院大、観光人材育成で講座

 【神戸】神戸運輸監理部は7日、神戸夙川学院大学(神戸市中央区、渡瀬信之学長、078‐940‐1154)と共同で、11日に地域観光のリーダーを育てる講座を開くと発表した。受講生は約40人を予定し、内訳は地元学生が30人程度、住民や観光事業者などが10人程度。

 講座修了後に地域の観光資源を生かした旅行商品の企画と商品化を行い、09年4月には試験的に発売する計画。来訪者に滞在を楽しんでもらう「着地型」の観光形態の確立と地域の魅力を創出するのが狙い。講座は同大観光文化学部で行い、11回の講義と4回のフィールドワークの全15回。

 講師は同監理部の担当者や、旅行業者など関連する各分野の専門家が務める。具体的なテーマをもとに地域の魅力や課題について理解を深めたうえで、実現可能な旅行商品を企画できる技能を身につける。


【2008年4月8日 日刊工業新聞社】