HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

エーデルワイス、兵庫・姫路菓子博でお菓子の「日本丸」展示

 「ワァー、お菓子の船だ。食べられるの!?」―。エーデルワイス(兵庫県尼崎市、比屋根祥行社長、06-6426-2561)は、18日から兵庫県姫路市の姫路城周辺で開く「全国菓子大博覧会・兵庫 姫路菓子博08」に展示する工芸菓子「日本丸」を完成、地元の幼稚園児20人を招き披露した。

 帆船「日本丸」は"太平洋の白鳥"と呼ばれる人気の航海訓練船。今回、神戸港開港140周年を記念して、50人の菓子職人が国土交通省の協力で図面提供を受け、60日間で50分の1の大きさで再現した。材料は砂糖、水あめ、ゼラチンなど約80キログラムを使い、本物そっくり。

 兵庫県洋菓子協会会長を務める比屋根毅会長は「制作は菓子職人のロマン。子供や大人に感動してもらえたら」とほほ笑む。菓子博は5月11日まで開き、約80万人の入場者を見込む。菓子博閉会後は09年7月完成する同社菓子ミュージアムに展示する。(神戸)


【2008年4月4日 日刊工業新聞社】