HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

九州運輸局、海事人材確保の協議会を設立

 【大分】九州運輸局は24日、地域の特性を生かした「海のまち」づくりを推進し将来の人材確保を目指す「佐伯海事地域人材確保連携協議会」の設立総会を大分県佐伯市で開いた。海運業や造船業の集積地である佐伯市を中心とする大分県南地域で、海事産業への関心を高めるための体験学習会など各種イベントやPR活動を実施する。

 国土交通省が08年度から取り組む「海事地域人材確保連携事業」を推進する組織で、同事業にかかわる協議会として発足したのは全国で初。同運輸局と佐伯市のほか、海運業や造船業、舶用工業などの業界団体、学校、教育機関が協議会のメンバーとして名を連ねた。

 海事産業界は労働者の高齢化や後継者不足に悩んでおり、将来に向けた人材育成が課題となっている。


【2008年3月25日 日刊工業新聞社】