HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪・枚方市、6月めど「創業実践塾」開講−地域資源活用に重点

 大阪府枚方市は6月をめどに「創業実践塾」を開講する。市内で創業を希望する若者や脱サラ者、女性などを対象に、ビジネスプランの作成から諸手続き、資金調達、販路開拓に至るまで総合的に支援。事業活動の拠点として、市内にある地域活性化支援センターの共同研究室を提供する。受講者相互のマッチング機会を提供することで新たなビジネスモデル創造、地域資源開発や活性化につなげる。
 5月までに、この受講生らとともに推進母体になる専門組織を立ち上げる。創業希望者8―10人のほか、指導にあたるメンバーなどで構成する予定。ビジネスプラン指導は商工会議所の中小企業指導センターのコーディネーターに任せる方向で調整している。
 枚方市内での創業が条件になるため、実践塾のカリキュラムではプランニングや資金調達に加え、地域資源の活用に重点を置く。歴史的資産である菊人形、淀川舟運、河内そうめんなどを生かした食ビジネスや小売りグッズなどを想定。さらに地元にある「ひらかたパーク」など大型レジャー施設との連携も考えている。地酒やエコ農産物なども対象とする。
 実践塾では事業計画の指導のほか、マーケティングや商品開発、技術革新などでそれぞれ成功事業者や専門家に講義をしてもらい、実践的な内容を目指す。
 これと連動し、地域活性化支援センターのインキュベートルーム入居者を対象に、市内創業時の事務所の賃料を補助する制度も10月にスタートする予定。


【2008年3月3日 日刊工業新聞社】