HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/さぬき麺業・香川政明社長「“手打ち”に力」

 「讃岐うどんは手打ちが最高」と豪快に笑うのは、さぬき麺業(高松市)社長の香川政明さん。同社は「うどん体験教室」を地域の小学校などで行っている。

 今では少なくなったが、讃岐地方では昔から娘を嫁がせる前に、うどんづくりを母親が教えていたという。「うどんは日常生活と密接に関わり合っている。地域にはなくてならないもの」と表情を引き締める。

 うどん教室は好評で、香川社長自らも月に3、4回参加、腕前を見せる。「讃岐うどん人気が一過性のブームで終わらないようにしたい」と手打ちに力が入る。(高松)


【2008年2月19日 日刊工業新聞社】