HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

三重・伊勢市、4月に産業支援センター開設

 【津】三重県伊勢市は4月に同市朝熊町の産業用地「サン・サポート・スクエア伊勢」内に「伊勢市産業支援センター」を開設する。用地費を除く投資額は約3億円。市が起業家支援や産業振興、企業誘致などの拠点として運営する。またサン・サポート・スクエア伊勢も造成を一部完了し、4月に用地分譲を始める。

 同センターは敷地面積2994平方メートルで、平屋建ての本棟と実習棟からなり、建屋面積は合わせて1176平方メートル。本棟には起業家が入居する起業家支援室5室、起業希望者が利用できる起業家準備支援室を配置。インキュベーションマネジャーが入居者を指導する。実習棟は地元の漆器「伊勢春慶」振興のための漆芸室や、市内企業が強度試験などを行える材料試験室を備える。

 同センターを拠点に企業誘致業務も行うことにしており、三重県と連携してサン・サポート・スクエア伊勢の用地8ヘクタールを、環境と健康分野の企業に分譲する。用地費の30%を補助する奨励制度などをアピールして売り込む。


【2008年1月31日 日刊工業新聞社】