HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

旬/新年の儀式

 深川製磁(佐賀県有田町)は新春恒例の仕事始めの儀式「くるまおろし」の儀を行った。有田焼製造大手の同社の年初伝統行事で、窯元の新しい一年が始まった。

 「くるま」は、ろくろの古い呼び名。本社神殿前での神事のあと、職人が新作の花瓶と、宮内庁に昨年納めた品と同型の「天盃(てんぱい)」を製作した。

 同社の08年のスローガンは「心ひとつ。人の技、天の意」。深川一太社長は「焼き物は総合的な産業。皆が心を一つに一致団結し、チームワークをつくっていきたい」と気を引き締めていた。(佐賀)


【2008年1月10日 日刊工業新聞社】