HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

淡路市商工会、淡路島を巡るHVラリーを来月実施

 【神戸】淡路市商工会(兵庫県淡路市、三津啓祐会長、0799-62-3066)は、08年1月12、13の両日、淡路島をハイブリッドカー(HV)で巡る「ハイブリッドカーdeゆっくラリー」を行う。

 世界最長の吊り橋である明石海峡大橋開通10周年の記念事業。島外から2人1組で計50台のHV参加を予定している。クルマは主催者側で用意するが、自家用HVの使用も可能。参加費は食事代、施設入場料などで1台1万円。

 ラリーでは国生み神話の残る伊弉諾(いざなぎ)神社など名所や観光施設を訪ねながら、決められたポイントで通過チェックを受ける。その間、交通安全クイズなどに答える。クイズ正解者や、所定の標準時間に最も近い時間で巡回できたドライバー(早くても減点)らに賞を贈る。


【2007年12月17日 日刊工業新聞社】