HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東京・文京区、6・7日に博覧会−地場産業・区内中小など50者が情報発信

 東京都文京区は区制60周年記念として、文京博覧会「ぶんぱく」を12月6、7の両日に開催する。医療機器メーカーなどの地場産業や区内中小企業、大学など約50者が一堂に介し、情報を発信する。「万国博覧会」になぞらえた形で文京区の産業全般を多角的に取り上げ、区の産業を広くPRする。主催は文京区と区内事業者で構成する文京博覧会実行委員会。文京シビックセンターの5フロアを利用する。

 地場産業、一般中小企業の出展フロアに、東京大学、中央大学、日本医科大学による産学官連携事業紹介ブースを設ける。また学生や市民音楽団体によるジャズやオーケストラの演奏会を開く。そのほか、産業写真展や区内技能名匠者の作品展示、和菓子やワイン、冷麺などを取り扱った物産展も催す。来場者に区内産業を楽しみながら理解してもらうのと同時に、ビジネスマッチングの場になることを目指す。

 2日間で延べ2万人の来場者を見込む。


【2007年11月27日 日刊工業新聞社】