HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

中小公庫、地域資源活用支援融資 全国初の適用
〜奈良県、大分県の2社に〜

 中小公庫は、今年6月に施行された「中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律」(「中小企業地域資源活用促進法」)に基づき、地域産業資源活用事業計画の認定を受けた中小企業者を支援する「地域資源活用支援融資」(制度名:新事業活動促進資金<地域資源関連>)を全国で初めて適用し、本日(10月15日)、融資を実施しました。

今回、本特別貸付を適用して融資を行ったのは次の2社です。

  • ○ 株式会社徳田銘木(奈良県吉野郡)[銘板・銘木製造業]
    [認定計画] 「異形の間伐材・除伐材の商品化と流通」
    [地域資源]  吉野スギ、吉野ヒノキ
  • ○ 合名会社まるはら(大分県日田市)[味噌・醤油製造業]
    [認定計画] 「世界で初めて嫌な香りがしない鮎魚醤の生産・販売の拡大、並びに関連商品の開発・販売」
    [地域資源] 鮎

 「地域資源活用支援融資」は、「中小企業地域資源活用促進法」の施行と同時に、平成19年6月29日から取扱いを開始しています。同法は、各地域の「強み」となり得る「地域資源」(産地の技術、地域の農林水産品、観光資源など)を活用した中小企業の新商品・新サービスの開発、市場化を総合的に支援するものです。今般、10月12日に同法に基づく地域産業資源活用事業計画の第1回目の認定が行われたことを受け、中小公庫は認定を受けた上記2社に対して、全国初となる本特別貸付の適用を決定、認定計画の実施のために必要となる設備資金・運転資金の融資を実施しました。

 中小公庫は、国の施策に基づき、地域経済の自立的・持続的な成長を実現していくため、今後とも本制度を活用し、地域資源の活用に取り組む中小企業の皆様を積極的に支援していきます。


【2007年10月16日】