HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

中部広域観光推進協、中部9県観光検定を創設

 【名古屋】中部広域観光推進協議会(名古屋市中村区、川口文夫会長=中部経済連合会会長、052-602-6651)は、中部地域の観光に理解を深め魅力を広く知ってもらうことを目的に「中部9県観光検定」を創設した。第1回検定を12月23日に名古屋、金沢両会場で実施。

 検定合格者に対しては観光施設への入場無料や割引などの特典を検討している。

 同検定は富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀の広域中部9県の観光について各県5問ずつと中部全域の5問、合わせて50問出題。7割程度の正解で合格とする。同協議会委員の須田寛日本観光協会中部支部長(JR東海相談役)は「手作りの検定。文化事業として取り組みたい」としている。

 検定受験料1500円、申し込み締め切りは31日。問い合わせは同協議会内の検定事務局へ。


【2007年10月9日 日刊工業新聞社】