HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

小田急電鉄、「箱根フリーパス」を刷新−期間短縮・値下げ

 小田急電鉄は箱根エリアの割引周遊券「箱根フリーパス」をリニューアルして発売した。有効期間を3日間から2日間に短縮して値下げ。特に子ども料金を大幅に下げ、マイカー利用の子ども連れ家族旅行からのシフトを狙う。
 同社の調査で、箱根観光客の大半が1泊2日の日程という結果が出たことから、利用実態に合わせて期間を見直した。新しい料金は新宿からの場合で、大人が現行比500円引きの5000円、子どもが同1250円引きの1500円。リニューアル後の箱根フリーパスは10月1日から利用できる。
 箱根フリーパスは小田急線の往復乗車券と、登山電車やロープウエー、海賊船など箱根エリアの小田急グループの乗り物の乗車券をセットにしたもの。
 同パスの06年度の発行枚数は50万枚だが、リニューアル効果で07年度は58万枚を目指す。


【2007年9月8日 日刊工業新聞社】