HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京阪電鉄、大阪・京橋に複合商業ビル−最上階に「京橋花月」入居

 吉本花月劇場が京橋駅前に進出―。京阪電気鉄道は27日、地上5階建ての複合商業ビル「京阪京橋片町口ビル(仮称)」の営業を08年秋に開始すると発表した。
 最上階には吉本興業の「京橋花月」が入居、1―4階は物販、飲食店舗が入居する。「京橋花月」の進出で京橋をエンターテインメントの街としても発展させ、大阪のキタ・ミナミに対抗する。
 京阪電鉄との共同会見で、吉本興業の吉野伊佐男社長は「吉本興業としてもエリア開拓を行っている。吉本の笑いをどんどん広めたい」と思惑が一致したことを強調。両社が連携して京橋を活性化、新しい情報発信地にする。
 「京橋花月」の座席数は500―550席になる予定。通常の吉本興業の公演としての使用に加え、テレビ局の番組制作・放映にも使用する。劇場の年間集客目標は30万人、年間売り上げ12億円を目指す。


【2007年8月28日 日刊工業新聞社】