HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

アオキとJTB、東大阪の製造業を観光資源に活用−第1弾、修学旅行を企画

 【東大阪】アオキ(大阪府東大阪市、青木豊彦社長、06‐6781‐5141)は、JTBと共同で産業観光事業を展開する。全国一の集積率を誇る東大阪市内のモノづくり中小企業を観光資源として活用し、地域の活性化につなげるのが狙い。第1弾として修学旅行生をターゲットに、08年度中の開催を目指して商品化を進める。
 企画するツアーでは同社が米ボーイングなどに提供する高精度な金属加工製品の製造現場や、他社で行われている鋳造工程など、多彩な製造現場の見学ができる内容にする。東大阪市や東大阪商工会議所、地元の宿泊施設などにも参画を呼びかけ、東大阪地域で一体化した産業観光事業にする計画だ。
 アオキはこれまで修学旅行生や海外からの視察団などの工場見学を受け入れてきた。見学者から「大手旅行会社が企画するツアーでは物足りない」などの声が聞かれたため、地元中小企業発のツアーを発案した。
 青木社長は「奈良や京都の寺社と同じように、東大阪のモノづくりを観光資源として活用する。外部から人を呼び込むことで、東大阪地域を活性化したい」としている。


【2007年8月16日 日刊工業新聞社】